ロックフィールド 伝説の音楽スタジオ
2022年1月28日(金) 新宿ピカデリーほか全国順次公開
クイーン「ボヘミアン・ラプソディ」や、オアシス「ワンダーウォール」など数々の名曲は、片田舎の農場で生まれた!伝説の音楽スタジオで振り返る黄金のブリティッシュ・ロック史
70年代から2000年代にかけて、ブリティッシュ・ロックの名曲たちを次々と生みだした伝説の音楽スタジオ、ロックフィールドの歴史を辿るドキュメンタリー。

ブラック・サバス、クイーン、エコー&ザ・バニー・メン、イギー・ポップ、デヴィッド・ボウイ、ジューダス・プリースト、ロバート・プラント、シンプル・マインズ、モーターヘッド、ダムド、アズテック・カメラ、ピクシーズ、ブー・ラドリーズ、ザ・シャーラタンズ、コールドプレイ、マニック・ストリート・プリーチャーズ、ストーン・ローゼズ、ティーンエイジ・ファンクラブ、ザ・キュアー、XTC、バッドリー・ドローン・ボーイ、スエード、カサビアン、ニュー・オーダー、オーシャン・カラー・シーン、ポール・ウェラー、ジョー・ストラマー、アイドルズ、オアシスら、名前を挙げると切りが無いほどの多くの人気ミュージシャンが利用。オアシスの「ワンダーウォール」、コールドプレイの「イエロー」といった数えきれないほどの名曲たちがここで誕生した。1997年の最盛期にはイギリス国内ベスト10のうち7つのアルバムがロックフィールドで録音されたという逸話も持つ。中でも、クイーンの名曲「ボヘミアン・ラプソディ」をレコーディングしたのはこの地であり、映画『ボヘミアン・ラプソディ』(18)でもその様子が描かれたことで広く知られている。
本作は、ロックスターたちが多数登場し、ここでどのように過ごしたか、それがどのような経験となったか、自らロックフィールドでの逸話を楽曲とともに振り返る。これは農場を史上最も成功した音楽スタジオに変えた兄弟の物語であり、名曲誕生の秘話と共に紐解く、英国ロック史そのものである。
今から50年以上前。ウェールズの片田舎で音楽好きの兄弟キングズリーとチャールズが家業の酪農場を引き継ぐ。当時エルヴィス・プレスリーに夢中だったふたりは、農場の仕事の傍ら、屋根裏に録音機材を持ち込み、大胆にもレコーディングスタジオを作ってしまう。当初は友人らと使用する目的だったが、空き部屋を宿泊施設に改修したことで、兄弟は無意識に“世界初”の宿泊可能な滞在型音楽スタジオ、ロックフィールドを設立。図らずもまたたく間に情報が広がり、バンドマンが録音したい場所として国際的な注目を集め出し……。
Robert Plant
ロバート・プラント
Black Sabbath
ブラック・サバス
Queen
クイーン
Oasis
オアシス
Coldplay
コールドプレイ
The Stone Roses
ザ・ストーン・ローゼズ
Hawkwind
ホークウインド
The Charlatans
ザ・シャーラタンズ
Manic Street Preachers
マニック・ストリート・プリーチャーズ
Simple Minds
シンプル・マインズ
The Boo Radleys
ブー・ラドリーズ
Hannah BERRYMAN 監督|ハンナ・ベリーマン
1970 年生まれ、ロンドン出身のドキュメンタリー映像作家。幼少期には英ドキュメンタリー番組「7Up」から、9時間に及ぶフランスの長編映画『SHOAHショア』(85)までを鑑賞しドキュメンタリーの制作に野心を燃やしていた。ケンブリッジ大学卒業後、ラジオ局に勤務。22歳のときに初めてドキュメンタリーを制作する。その後、BBCを拠点に歴史やアート関連のドキュメンタリー番組を20本近く制作し、人々の人生がどのように形成されたかを常に描いてきた。ピンク・フロイドが子どもたちをコーラスに起用したヒット曲「アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール」のドキュメンタリー番組「The Brick In The Wall Kids」ではイギリスの子どもたちや教育環境を映し出し、 BAFTA(英国アカデミー映画賞)の最終候補に残った。他にも、『High Society Brides』(10)がイギリスのドキュメンタリー作品に贈られる賞、グリーソン・アワードにノミネートされるなど、英ドキュメンタリー界において高く評価されている。
主な作品
「Cutting Edge」(07)
「High Society Brides」(10)
「Meet Britain's Chinese Tiger Mums」(12)
「Wonderland」(12)
「A Very English Education」(13)
「Extraordinary Weddings」(16)
「Can We Live with Robots?」(17)
「Princess Margaret: The Rebel Royal」(18)
「Miss World 1970: Beauty Queens and Bedlam」(20)
このスタジオで生まれたいくつかのアルバムがなかったら、僕はバンドを組みたいだなんて思わなかったと思う。
死ぬまでに行ってみたい場所のひとつ。だからこそ、どうか永遠に。
後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
文化として、音楽の歴史を築き上げたこのスタジオの空気と歴史を少しだけ覗けるような気がした、どんなに時代が進んでも僕らはこのスタジオを忘れてはいけない、この様な神聖な場所が日本にないのが悔しいです。
もっと全世界にロックフィールドの様なスタジオが増えて欲しいばかりです。
栗原類(俳優・モデル)
ブラックサバスとクイーンからStone Rosesとコールドプレイまでの滅多に知られてない珍しい共通点、『ロックフィールド」というど田舎の牧場スタジオ中心の映画です。70年代から現在のUKロック界のローヤルティー本人達の貴重な裏話オンパレード。この映画に出てるアーティスト達のインタビューをずっと見てたのに、このレベルのレコーディングプロセスの深いパーソナルエピソードは今まで聞いた事なかった。UKロックファンなら、たっぷり楽しめる必見です。
マーティ・フリードマン(ギタリスト・プロデューサー)
ロック音楽はその歴史を知って聴くと、もっと面白い。英国の「ロックフィールド」という場所。美術界でベルエポック時代のカフェ、漫画界にもトキワ荘という場所があるけれど、そこには「土地の魔力」というものがあって、芸術のもとに降りて来るみたいだ。
荒木飛呂彦(漫画家)
え?このスタジオだったの?!とびっくり。オアシスのノエルとリアムが壮絶なケンカをしたのも、クイーンが「ボヘミアン・ラプソディ」を、コールドプレイが「イエロー」を作ったのも....。見ないと絶対に損をする映画です。
湯川れい子(音楽評論・作詞)
マイクロフォンは時を封じ込める。作り手達の音楽愛に満ちたこのスタジオの空気とその空間全てが、偉大なる作品達を通して今も僕達に語りかけてくる。ようこそロック・フィールド・スタジオへ。
NAOKI(LOVE PSYCHEDELICO)
もし、ウォード兄弟がレコーディング・スタジオを作らずに農家を続けていたら、「ボヘミアン・ラプソディ」もヘヴィ・メタルもニュー・ウェイヴも、マッドチェスターもこの世になかったかもしれない。UKロックの歴史に名を刻むアーティストたちが、ロンドンから225kmも離れたウェールズの片田舎にあるロックフィールド・スタジオに何を求めたのか?その答えが映画の中にある。
油納将志(British Culture in Japan)
クイーンもローゼズもマニックスもオアシスもコールドプレイも、牛と豚に囲まれた牧歌的な場所であの名盤を作っていたとは!
規格外の爆音やカオスにも寛容な農場ファミリーのおかげで、名曲は今も輝き続けている。ありがとうロックフィールド!
奥浜レイラ(音楽・映画パーソナリティ)
英国のロックは田舎とともにある。先鋭的なハードコア・パンク・バンドであるCRASSは、ロンドン郊外のダイヤル・ハウスでコミューンを形成し、インダストリアル・ミュージックの始祖であるナース・ウィズ・ウーンドのスティーヴ・ステイプルトンはアイルランドの荒涼とした土地、クールータに居を移して創作活動を続けた。それは都市部の喧騒やプレッシャーから逃れるという意味合いとも無関係ではないだろう。本作で描かれるロックフィールド・スタジオもまた、そうした避難所(アサイラム)に見える。kLFの『CHILL OUT』、ピンク・フロイドの『原子心母』、ポール・マッカートニーの『RAM』などのジャケットと共に脳裏に刻まれる、牛や羊がのびのび闊歩する「英国の田舎」が育んだポップ・ミュージックの二重構造が体感できるドキュメンタリーだ。ポール・キャラックが在籍した「英国のスティーリー・ダン」ことACEの名曲”HOW LONG”が大きくフィーチャーされているのも嬉しい見所。
佐藤雄彦(ディスクユニオン ロック部門)